ご利用ガイド
このサイトを初めてご利用頂くかたはこちらをご確認下さい。
組合員専用ページ
組合員専用ページを開くには、このボタンからログインして下さい。
組合員以外の方
一般向けサービスページから購買・斡旋・研修等のお申込みができます。

斡旋事業

斡旋は終了しました取扱品目名
ビジネスセミナー「労働塾」
人事担当者が間違えやすい、こじらせやすい労務トラブルへの初動対応

使用者側労務専門の弁護士として労働事件に携わっていると、「あの時こうしておけばよかったのに…」、「あの時の会社の対応がまずかった…」、「もっと早く相談してもらえればよかったのに…」というような事案に遭遇します。
今まで深刻な労務トラブルを経験したことのない会社では、対応に不慣れであるために初動対応を誤ってしまい、紛争が深刻化してしまうことがあります。また、労務トラブルを経験したことのある会社であっても、以前と同じ対応方法を取ったところ、今回はこじれてしまったということがあります。労働者の意識も変わってきており、これまでは問題のなかった方法であっても今では通用しないことがあります。
特にメンタルヘルス不調者に対する対応と労働組合からの団体交渉申入れに対する対応は、初動対応を間違えると深刻なトラブルに発展するケースがあります。
そして、労務トラブルは、長引けば長引くほど関係がこじれ紛争が先鋭化し、解決が困難になります。そのため、どのような労務トラブルであっても、適切な初動対応は紛争の早期解決のために必要不可欠です。
そこで、今回は、向井・岸田両弁護士のこれまでの実務経験を踏まえ、実務上ご相談の多い4テーマ(①未払い残業代請求問題、②解雇問題、③メンタルヘルス不調者への対応、④合同労組への対応)に関して、初動対応のテクニックと実務対応の留意点について解説いたします。

プログラム詳細

プログラム詳細

講座内容

講座内容

セミナー要綱

日 時 平成28年12月8日(木) 10:00~16:30  終了
会 場

KFC Hall 2nd(国際ファッションセンター 2階)
東京都墨田区横網1-6-1

地図
講 師 弁護士 向井 蘭 氏  (狩野・岡・向井法律事務所)
弁護士 岸田 鑑彦 氏 (狩野・岡・向井法律事務所)
受講料 一般:21,600円
「労働基準広報」「先見労務管理」「労働安全衛生広報」購読者様:16,200円
「建設労務安全」購読者様およびビジネススクール会員様:18,360円
  • ※テキスト・昼食・お飲物・消費税込
  • ※ビジネススクール個人会員様は1名様のみの割引、法人会員様は3名様まで割引価格を適用させていただきます。

お申込方法

お問い合せ先
株式会社 労働調査会 東京支社  担当:新井
〒170-0004 東京都豊島区北大塚2-4-5 調査会ビル5F
TEL
03-6858-3401
FAX
0120-801-811
申込方法
pdfFAX申込書を印刷、または協同組合配布の指定の申込書にご記入の上、
労働調査会東京支社宛FAX(0120-801-811)にてお申込願います。
  • ※東京都社会保険労務士会会員の方が、東京社会保険労務士協同組合の配布したチラシによるお申込ができます。
支払方法
受付後、受講券と請求書・振込用紙をお送りいたします。
開催日前日までにお振込みください。